作業進捗などの公式ブログ

















Mc.madefai
 -JAPAN-

〒800-0314

福岡県京都郡苅田町幸町9-16

TEL: 093-436-3375



  12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

       : 定休日



 
 

現在、ホームページの更新作業をしております、新規作業写真と随時入れ替え作業を行こなっております。

お見苦しい部分がございましたら申し訳ございません。

 

WORK MENU (CHASSIS)
<作業メニュー・シャーシ 足周り その他

 

例えボルトオンパーツであっても取付け後の調整作業は必要になってきます。

カスタムパーツやチューニングパーツは取付けるだけでは性能や機能がダウンしている場合もございます。

正しい取付とセットアップやセッティングが行われていないとせっかくのカスタムパーツも

台無しになってしまいます。

パーツ同士の組合せも重要です、車台やシュチュエーションにマッチングするパーツチョイスから

考えていきましょう。

 

 

 

 

 

各種加工(金属加工・金属溶接  )

 

 

各種アルマイトや表面処理の御案内です

 

 

足回りの変更によるフィティングパーツの製作パワーアップされたマシンには車体の補強

(フレーム・スイングアーム等)純正及び社外の他車流用部品によるラジエター拡大、各種ワンオフパーツ製作

も行いますのでお気軽に相談下さい

各種表面処理もお引き受けいたしております、打ち合わせにより材質に適した処理加工を御案内できます

 

 

エンジンパーツその他小物パーツGUN-KOTE塗装行っております

 











 

 

 

 

 MCコート (NO WAX コーティング)

 

   

 

 

ウエスで軽く拭き取るだけの簡単お手入れです

 

 

 

ワックス処理ではありません、半艶ブラックの特殊表面加工になります,サンドブラスト後に特殊コーティング

加工を行いますので傷や薬品系の汚れにも大変強いコーティング加工になります、中古部品の再生やリビルド等

にも御利用いただけます

 

  <詳しくは写真をクリック>     店内に商品サンプルございます

 

 

 














 

 

 

GPZ900R チェーンライン用のフレーム延長加工です

 

 

   

 

 

            

適切な位置にチェーンラインを確保するためにステップホルダーマウント部をオフセット加工した後、

溶接です。
パイプインナースリーブ方式で”裏当て金有り溶接”で剛性を確保いたします。
フレームの一部加工の場合は部分補修(ウレタンペイント)で仕上げます。

               

 

車両の状態で持込の場合とフレーム単体の場合とでは金額が変わります

 

 













 

 

 

GPZ900R     カウルステーマウントボスの強化型タイプ

 

 

   

 

   

フレームへッドパイプのR形状に沿うように作っておりますので溶接クラックに大変強い形状です

専用位置決め治具にて溶接いたしますのでノーマルのマウント用ボスが外れる又は無くなっている状態でも

純正の標準位置に固定、溶接が可能です、又はアッパーカウル位置を下げたい場合は

可変マウント式(2段)も製作可能です。 (溶接後はウレタン補修ペイントになります)

 

 

 

(外装着脱・補修ペイント代は別途必要になります)

 

 

 

 

 











 

 

 

 

   GPZ900R  ピギーバック用サスペンションマウント加工

 

   

 

GPZ900Rにレーサーレプリカ用のピギーバックタイプのサスペンションが取り付けられます
オーリンズサスペンション新規取り付けの場合はバネレートの指定も御案内できます、リザーバータンクの取り付け

 

場所の悩みから解消されますしオーリンズの場合でしたらTTXが選択できます。

 

サスペンションマウント加工(外装着脱・補修ペイント代は別途必要になります) 

 

 

 

 

 GPZ900R (ZRX・GPZエンジン)搭載用オリジナルエンジンマウントKIT

 

 

水冷のZ1としての位置付けとして考えさせていただいた場合、空冷の18インチスタイルや水冷の

17インチスタイルを基準として考えます、 ニンジャの場合はフロント17インチにリヤ18インチの

アンダーカウルが取り付くオリジナルスタイルのニンジャも個人的な想いではありますがアリかなと思う

時代になってきたと思います、オリジナル制を大事 にしたらニンジャへッドも重要ではありますが、

さりげなく搭載できるのであれば1100・1200エンジンの搭載も魅力的 ではないでしょうか?

ダウンチューブを用いないでさりげなく1100・1200のエンジンを搭載できたらの想いでオリジナ ルマウントを

製作致しました。

 

      

             <第40回東京モーターサイクルショーに展示させていただきました>

 

 

 オリジナルマウントによるエンジンスワップ(ZRX1100/1200/GPZ1100)はフレームとの組み合わせ

(公差)を含めた加工になりますのでシリンダーへッドのオーバーホールも含めた完全受注の加工作業になります

 

 

 

 

   

 

フレームへッドハンガーアウトピースの製作と取り付けです、通常の吊りピース溶接ではありません、

しなりやクラック に対する強度確保のためにシリンダーへッドへの一体構造溶接を行います、

吊りピース部分のすぐ横にロッカーアームシャフトが通っておりますので熱歪みには細心の注意が必要です、

熱歪みを防ぐためにシリンダーへッドを特殊冶具で固定して放熱、冷却させるための独自の溶接工法で

行こなっております。

 

 

 

フレームと吊りピースの間に入るへッドブリッジです、フレームの個体差に合わせた自由長調整機構

もそなえております

インゴット削り出しになりますので肉抜きはゴミが溜まらない位置にリブ付きの軽量穴を設けております。

 

 


      エンジンブロック修正

 

 

 

 

 

                  

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





ホーム    業務内容    キャブレター/インジェクション セッティング    エンジンオーバーホール/チューニング    各種加工    DYNOJET/パワーチェック    取扱商品    カスタムバイク ギャラリー    ご案内/お問い合わせ

Copyright © 2013 Mc.madefai All rights reserved